本文へスキップ

株式会社 東海建設 群馬県高崎市で信頼と実績の30年超

TEL. 027-326-7611

〒370-0843 群馬県高崎市双葉町11番7号

見出し

南道路と北道路


なぜ南向きは人気があるのか


 日本は北半球に位置するため、太陽は東から昇って南側の空を通過し、西に沈みます。夏であれば天頂(頭の真上)に近いところまで高くなりますが、冬場だと南の低い位置を通過していくため、南向きの部屋には奥まで太陽が届き、快適に過ごすことができます。
 そのため南向きの部屋の方が陽当たりが良く好まれているのです。




南道路と北道路の比較


 南道路は玄関向きが南になりやすく、必然的に庭や各居室も南向きにつくることが多いため「陽当たりが良い」とされる家づくりが可能となります。実際に分譲地などでは北道路よりも南道路の方が金額も高く設定されていることが多く、角地と合わせて人気もあるようです。


やはり北道路よりも南道路の方が「良い土地」なのでしょうか?

実はメリットばかりではありません。

というのも、南道路の家では、道路から庭やリビングが見える位置にあることが多く、洗濯物が干しにくい、またはプライバシーや防犯上の理由から「せっかく陽当たりがいいのに、日中でもカーテンをしている」というケースもあるのです。

 反対に、北道路の場合では南側に庭をつくり、南面にリビングをはじめとした居室を配置することで「道路からの視線を気にせずに庭やリビングでくつろげる」というメリットが生まれやすくなります。
 たしかに建物の北側部分は陽が入りづらいことが多いですが、天窓や採光への工夫を取り入れることで明るい空間づくりは充分可能です。人の往来が激しい住宅密集地などでは、北側道路の方が先の理由から住みやすい場合もあるのです。