本文へスキップ

株式会社 東海建設 群馬県高崎市で信頼と実績の30年超

TEL. 027-326-7611

〒370-0843 群馬県高崎市双葉町11番7号

見出し

住宅ローンについて


自己資金はどのくらい必要なのか


自己資金がなくても申し込み可能な商品ばかりです。

住宅ローンを借りる場合は目安として、総予算の20%程度を自己資金として用意できると良いと言われていますが、それには大きな理由が2つあります。


  • 住宅を取得するにあたって土地や建物の取得にかかる不動産取得税など、住宅ローン申し込み以前に費用がかかる
    (建築費以外に物件価格の約5%~7%を目安)
  • 金融機関の審査上、借入がしやすくなる



返済負担率について

一般的に県内金融機関ではローン全体の返済負担率の目安を年収の約40%以内としています(マイカーローン等含む)。

(例)年収400万円 
   ローン毎月返済額5万円の場合

⇒(5万円×12ヶ月)÷400万円=0.015
  0.015×100=15%



固定金利と変動金利



固定金利と変動金利どちらの方が良いのか、結局のところは好みです。

自分の性格や考え方に合ったものを選択するのが一番です。



(例)
景気情勢等に敏感で上手に借りるためなら手間を惜しまないという方
      ⇒変動金利に向いていると思います。

半年に一度、金融機関から送られてくる金利の見直しを見ずに放った
らかしたりしてしまう恐れがあったり、常に金利のことを考えていた
くないと思われる方
      ⇒固定金利に向いていると思います。


もし、気持ちが変われば住宅ローンを組んだあとでも手数料を支払えば変更が可能な商品がほとんどです。




金融機関等に相談する際の注意事項


担当者の言うことを鵜呑みにしてはいけません。

金融機関あるいは各支店によってお勧めしている商品は異なるうえ、担当者によって意見がまったく違います。




どこで借りるか


金利だけにとらわれないように。

手数料、保証料や保証人が必要かどうか等、さまざまな角度から検討しましょう。

住宅ローンを組む前に、情報を集めて、有利な商品を見つけることが大切です。

それぞれの商品によって細かい規定や条件の違いがあるので、いくつか金融機関の窓口を訪ねて相談しましょう。

県内金融機関の参考ホームページこちら