本文へスキップ

株式会社 東海建設 群馬県高崎市で信頼と実績の30年超

TEL. 027-326-7611

〒370-0843 群馬県高崎市双葉町11番7号

見出し

カラーコーディネートの基本


 センスが良い空間をつくるには、色の選び方や組み合わせ方がとても重要です。そこで色にまつわるさまざまな知識や、配色の基本パターンを知って、床・壁などの内装や、家具、カーテン選びなどに役立てましょう。


上手な色選びのために、色の仕組みを知る


 色は、色味のある「有彩色」と、色味のない白・黒・グレーの「無彩色」との2つに大別されます。さらに有彩色は、赤・青・黄など色の違いを表す「色相」に分かれます。これを円形に並べたものを「色相環」といい、寒色や暖色などが一目で把握できます。


 また同じ色でも、明るさや鮮やかさを表す「トーン」で分類することもできます。トーンの違いによって受ける印象が変わるため、色選びと併せてどんなトーンにするかも考えておきましょう。


 
色相環・・・赤・青・黄に緑を加えて、色味の近い順に並べたもの。
       向かい合う色を補色(反対色)、両隣の色を類似色といいます。




部屋の広い部分から先に色を決めていく

 部屋の色を選ぶときは、まずは部屋の大半を占める床・壁・天井の色から決めてみましょう。この色を「ベースカラー」といいますが、変更しにくい部分なので好みを活かしつつ、長く使用しても飽きない色を選びましょう。次に家具やカーテンなどで使う「サブカラー」を、そして最後にクッションや雑貨、アートで使う「アクセントカラー」を決めましょう。


 上手なカラーコーディネートを目指すなら、ベースカラー7割、サブカラー2割、アクセントカラー1割を目安とされています。色の選び方は組み合わせの基本パターンを押さえておけば、ちぐはぐな印象になったり氾濫するといった失敗が防げるでしょう。



色の組み合わせの基本パターンを押さえよう

 色が氾濫した部屋は、たとえ物が少なくてもゴチャついた印象を与えがちです。
部屋をすっきり見せるためには、3〜5色程度でまとめるのがベターです。
 また色の組み合わせ方には同系配色、類似配色、反対配色、同一トーン配色などの基本パターンがあります。この配色パターンを上手に取り入れて、美しくカラーコーディネートされた部屋を目指しましょう。


  • 同系配色

 同じ色の、明度や彩度の違う色を組み合わせる方法。まとめやすいが面白みに欠ける面もあるので柄やテクスチャーの異なるものを選ぶなど工夫をしましょう。

  • 類似配色

 色相環のふたつ隣までの色でまとめる方法。色同士がぶつかり合うことがない反面、メリハリの少ない印象になるので色の分量に差をつけましょう。

  • 反対配色

 色相環で向かい合う色でまとめる方法。相手の色を引き立てるが、鮮やかな色同士だと落ち着かない空間になりがち。どちらかをアクセントに使う程度にすると良いでしょう。

  • 同一トーン配色

 同じトーンの色でまとめる方法。色数を増やしてもまとまりやすいので失敗しにくい配色。おとなしい印象になりがちなので柄物などを活用しましょう。